消費者金融で身分証明書になるものとは

消費者金融を利用するときに確実に必要となるものが身分証明書です。身分証明書がなければ消費者金融でお金を借りることはできません。では、身分証明書とはどんなものが該当するのでしょうか。

消費者金融の本人確認書類で一番おすすめは運転免許証

消費者金融の利用をするときに一番おすすめしたい身分証明書は運転免許証です。消費者金融に限らず、どこに行っても一番安定感のある身分証となります。

なぜ運転免許証がいいのかというと、顔写真がついている公的な身分証明書だからです。

消費者金融をするうえで顔写真つきというものはとても大切です。消費者金融からお金を借りるということは、借金を背負うということです。そのため、他人の身分証明書を盗んで勝手にお金を借りるという人も中にはいます。だからこそ、きちんと本人だということが証明できる顔写真つきの身分証明書が一番なのです。

そして、公的な証明書だということが大切です。若い人の場合は学生証でも顔写真や住所、氏名などが記載されていますが、少し身分証明書としての効力が弱いと判断されます。そのため、身分証明書の提出を求められたときに一番おすすめなのが運転免許証です。

保険証や住民票のコピーは?

身分証明書として役立つのが保険証や住民票のコピーです。運転免許証は持っていない人もいるので、これらでも十分身分証明書としての役割を果たします。しかし消費者金融の中では、顔写真が記載されていないのでこれらでは弱いと判断され、他の身分証明書の提出も求められる可能性があります。

基本的には問題ありませんが、できれば顔写真つきが好ましいでしょう。

マイナンバーカードもおすすめ

ここでおすすめしたいのが、マイナンバーカードです。

運転免許証を持つには時間も費用もかかります。運転をする機会がない人が身分証明書を持つために取得をするにはハードルが高いでしょう。

マイナンバーカードは、顔写真のついた公的身分証です。番号だけではなく、顔写真が記載されたマイナンバーカードを交付すると身分証明書として使うことが出来ますし、他にもさまざまなメリットを得ることができます。

運転免許証がないと審査に落ちる、という訳ではありませんが、円滑な審査をするためには公的な、顔写真入りの身分証明書が必要です。だからこそそんなときにおすすめしたいのがマイナンバーカードです。

しかしまだまだ新しいものなので、消費者金融によってはマイナンバーカードでは受けられないということろもあります。不安な場合は一度消費者金融側に聞いてみてください。