消費者金融の返済方法

手数料(金利)

消費者金融からお金を借りたら、決まった期日に返済しますが、その際には借りたお金に金利をプラスして返済することになります。消費者金融の金利は業者ごとに異なりますが、銀行のカードローンに比べるとやや高くなっています。そのため、銀行カードローンを選ぶ方もいますが、消費者金融に比べて銀行のカードローンは審査が厳しいので、実際には消費者金融を利用する方が多くなります。

返済日

消費者金融の返済日は月に一回で、基本的には任意で設定できます。特にいつ出なければならないということはありません。ただ、いざ返済日になった時に返済できないと困りますので、できれば給料日直後あたりに返済日を設定しておくとよいでしょう。

繰り上げ返済

消費者金融では毎月の返済日に最低金額を返済すればよいことになっています。最低返済額の返済を続けるとなると、完済まで最も時間がかかりますので、その分金利も多く支払うことになるでしょう。もし、お金に余裕があるなら、少し多めに返済する事もできます。できるだけ完済までの時間をかけない事が、消費者金融で金利の支払いを抑える方法です。

一括返済

消費者金融で一括返済をすれば、余分な金利を支払わなくてよいのでメリットがあります。ただし、一括返済を行う際には消費者金融には事前に連絡を入れる必要があります。また、借入金の端数に関してはいったん多く支払い、後から返金してもらうなど業者によって異なるので、こちらも事前に確認しておきましょう。