専業主婦が消費者金融から借り入れる方法

専業主婦は消費者金融からお金を借りられない?

専業主婦は消費者金融からお金を借りることができないという話があります。消費者金融は基本的に契約者本人に安定した収入がある事が条件となっていますから、たとえアルバイトやパートであってもきちんと収入があれば問題なくお金を借りられます。しかし、専業主婦はどこにも勤めていませんから、本人には収入が全くない状態です。

こうなると、多くの消費者金融はお金を貸してくれません。ただし、専業主婦でも「配偶者貸付制度」を利用すれば、専業主婦でもお金を借りられる場合があります。

配偶者貸付制度とは

配偶者貸付制度とは、配偶者と専業主婦の収入を合わせて計算し、その合計年収の1/3までの金額なら専業主婦でもお金を借りられるという制度です。配偶者貸付制度は、当然ですが配偶者の承諾も必要となります。配偶者が承諾をすれば、専業主婦は配偶者の年収を基準として借り入れができることになります。

もし、これが専業主婦ではなく働いている方だった場合も、同じく二人の年収を足してその1/3まで借り入れができることになります。

配偶者貸付制度を利用する場合には、配偶者であることがきちんと確認できる為の書類の提出が必要で、住民票や戸籍謄本などで二人の婚姻関係を証明する事ができれば問題ありません。ただし、配偶者貸付制度はどの消費者金融でも利用できるわけではなく、現在は利用できる業者は少なくなっています。