消費者金融で滞納するとどうなるか

遅延損害金

消費者金融でお金を借りたら毎月返済しなければなりませんが、返済するお金がないなどの理由で滞納してしまうと、通常の返済時にかかる利息以外に遅延損害金が発生します。遅延損害金は延滞した日数に対してかかるもので、多くの消費者金融では利息制限法で定められている上限20%の遅延損害金が発生します。

電話等での督促

消費者金融の返済日を過ぎても返済を行わないと、遅延損害金が発生しますが、それと同時にまずは電話での連絡が入ります。なんらかのやむを得ない事情で返済ができなかった場合には、きちんと電話でそのことを伝えましょう。もしこの時電話に出なかったりきちんとした説明ができなければ、次の段階に進むこととなります。

督促状

返済日を過ぎて消費者金融からの電話に出なかったり、返済をそのまましないでおくと今度は自宅に督促状が届きます。ここまでであれば、遅延損害金が発生してはいるものの、返済を再開すればこれまで通り毎月の返済を続けることができます。しかし、督促状が来ても返済をしないまま時間が経過すると、今度は借入額を一括で返済するよう求められることがあります。

差し押さえ

督促状が来てから一定期間が過ぎ、一括返済にも応じないと、最終的には裁判所を通じて財産や給料の差し押さえとなります。差し押さえが行われると財産と毎月の給料の一部を自動的に回収されることとなりますので、そうなってしまう前に必ず連絡を入れる、あるいは返済をしましょう。